RPFー RPFの製造・販売 ー

RPFの製造・販売

廃棄物をRPF再生固形燃料化する専門会社です!

近年RPF再生固形燃料は、バイオマス燃料としてCO2削減効果に寄与し、化石燃料の代替燃料として扱われ、将来的に幅広く社会に貢献する燃料です。
当社はRPF再生固形燃料を製造するために受け入れた一般・産業廃棄物のRPF化に伴う原料の選別・配合において熟練したノウハウを駆使し、より安全で安心な処理において高品質な燃料を提供しております。

RPFとは

再生固形燃料 RPFとは

RPFとはRefuse Paper&Plastic Fuelの略称です。
再生が困難な廃プラスチックと紙・木材などで作られた固形燃料で、化石燃料に変わるエネルギー源です。

RPFはCO2削減を目指す製紙会社・製鉄会社などで幅広く利用されています。取り扱い・運搬・貯蔵性に優れ、安定した性状及び品質が得られるほか、発熱量の調整が容易にできることも特徴のひとつです。

RPF燃料化証明書の発行

マニフェストとは別に、ご要望があれば「RPF燃料化証明書」も発行致しますので、環境対策のエビデンスとしてお使い頂けます。

廃棄物の代替燃料化は「単純焼却処分や埋立て処分」を削減するので、環境負荷をを抑えた地球環境温暖化対策にも貢献します。
当社は他社に先駆け、受入れる廃棄物の塩素濃度を自社の蛍光X線検査機にて瞬時に測定し、品質の管理をしています。
このようにRPFをご購入頂く皆様の受入れ基準を順守し、安心してご使用頂ける事を第一に考えています。

マニフェスト順守を確実とする「RPF燃料化証明書」

RPFの特長・利用メリット

安定した品質

1、安定した品質

発生履歴が明らかな産業廃棄物を原料としている為、安定した品質のRPF製造が可能である。特に当社では、塩素濃度の検査を廃棄物受入とRPF出荷前に自社にて行うなど、安定した品質のRPF製造に力を入れています。

熱量の調整が可能

2、熱量の調整が可能

原料の配合比率を変えることによりボイラー等のスペックに合わせた熱量の調整が可能です。

高カロリー

3、高カロリー

原料として「廃プラスチック」を使用しているので、熱量が高く、石炭やコークス並みのカロリー(高発熱量)を維持できますので、化石燃料の代替として利用可能です。

優れた貯蔵性

4、優れた貯蔵性

RPF品は固形で密度が高いため、貯蔵性に優れ、運搬にも適しています。

低コストで経済的

5、低コストで経済的

石炭の市場販売値と比較すると1/3~1/4という低価格で、化石燃料と比較して灰化率も1/2以下であるため、低コストで経済的です。

環境にやさしい

6、環境にやさしい

化石代替燃料としてご利用頂くことでCO2排出量の削減となり、地球温暖化の防止につながります。

ご質問・ご相談・お見積はお気軽にお問い合わせください。

品質には絶対の自信があります!

産業廃棄物をRPFとして再生したいとご検討中の方や、
当社が再生したRPF再生固形燃料のご購入をご検討の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら

CONTACT

株式会社あおぞら

〒305-0877 茨城県つくば市片田492

TEL:029-836-1731

月曜~金曜 8:00~17:00
土曜日 8:00~16:00


PAGE TOP