本文へ移動

経営理念と基本方針

社会で必須の存在たらんことを
 
 我が社の 目指す姿 は、『 For The Next Generation – 次世代のために 』の経営理念の下、事業活動を通じ自らの持続的成長と社会全体の持続的発展に貢献すること。即ち、自身を利するとともに国家を利し社会を利する事業が我々の目指す姿。この事業精神をあおぞらDNAとして、我が社らしいやり方で、我が社ならではの企業価値を創造し、あらゆるステークホルダーに認められる企業なること。そして、
 
『 社会で必須の存在になる 』
 
これが、我々あおぞらの目指す未来への系譜となります。
 
 我が社は、廃棄物の再資源化ラインによるマテリアル化と、固形燃料化ラインによるサーマルリサイクル化(RPF…石炭代替品製造)を生業としています。特に固形燃料化ラインは、焼却処理によるCO2排出量の低減と最終処分となる廃棄物の減量による埋立て処分場の延命、枯渇性資源(石炭)の節減など、地球環境には計り知れないほどの効果を齎しています。
 それは、我が社事業が経済的価値と社会的価値を同時に実現するCSV(共通価値の創造)活動を展開しているということです。我々は自らの持続的成長と社会全体の持続的発展に貢献するため、事業課題と正面から向き合い、経営改革を着実に実行し、より強固な収益基盤を構築していきます。これからも、あおぞら社員が一丸となり常に成長軌道を維持し続け、「目指す姿」の実現に向け邁進していく所存です。
 
 ステークホルダーの皆さまには、引き続きこれまでと変わらぬご支援とご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。
 
株式会社あおぞら  
代表取締役 上甲龍也
 

経営理念

For The Next Generation. -次世代の為に-
我が社の使命は健全な事業活動を通じ、次世代のために持続可能な社会に向けた資源循環型リサイクルの推進に貢献することである。
持続可能な社会とは、
『 健全で恵み豊かな環境が地球規模から身近な地域までにわたって保全されるとともに、それらを通じて国民一人一人が幸せを実感できる生活を享受でき、将来世代にも継承することができる社会 』

基本方針

1.持続的発展を図るうえでお客様の信頼獲得が必要不可欠である。当社事業における絶えざるサービスや、技術力の向上、改善を図り、お
    客様の満足向上に努める。
 
2.地域企業や地域社会に向けて当社の経営資源を活かした持続性のある事業を展開し、競争力と成長基盤の強化を図り、経営の健全化
    に努める。
 
3.当社の最大の経営資源は人財である。全従業員が法令を遵守することはもとより、従業員一人ひとりが公正誠実で良識ある行動をとり
    おもてなしの心と技術・技能を磨き、人として成長し、従業員が誇りを持って働くことの出来る企業文化を創る。
 
株式会社 あおぞら
代表取締役  上甲龍也
TOPへ戻る